お酒で嫌なことは忘れられない?


仕事がうまくいかなかったり

 

恋愛で落ち込むような出来ごとがあったとき

 

【お酒を飲んで忘れよう!!】

 

とした経験はないですか?

 

image

 

僕も以前はよくしてましたが

 

実はその行動は

 

逆効果なんです!!

 

image

 

人には2つの記憶能力があります

 

・表層意識

 

・潜在意識

 

表層意識とは今考えていることを指します

 

逆に潜在意識とは過去に考えていたこと意味します

 

アルコールによって表層意識の記憶能力は

 

低下しますが、潜在意識の記憶能力は

 

向上します

 

飲んだあと、どうやって家に帰ってきたか

 

覚えていないという経験はありませんか?

 

それはどうやって帰ったかは表層意識で

 

記憶が低下して覚えていませんが

 

脳の中では帰る道のりは潜在意識として

 

無意識のうちにインプットされているので

 

記憶がなくても無事に帰ってこれてるのです

 

image

 

嫌なことがありお酒を飲んで忘れようとしても

 

逆に潜在意識への記憶能力が向上して

 

嫌なことの記憶が強くインプットされて

 

しまいます

 

image

 

お酒を飲んで忘れようとしてしまうと

 

ついつい飲み過ぎてしまい

 

次の日にも影響が出てしまい

 

さらに自己嫌悪に陥ってしまうことも

 

あると思います

 

image

 

どうせお酒を飲むなら

 

嫌なことを忘れるためではなく

 

嫌なことを考えないように

 

家族や大切な友人と楽しく飲むと

 

楽しい記憶が脳に強く上書きされます

 

image

 

脳の記憶能力を理解し

 

お酒と上手に付き合いましょう

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です