カラー塗布についての考え方


先日カラーを塗ってる最中にお客様から言われた事なんですが・・・

「私、カラーが染まり難いので前の美容師さんが一生懸命揉み込んでました。」

と、おっしゃってたんですが、


揉み込んでもカラーの染まり具合には、正直関係ありません。


 

そんな塗り終わって、グチャグチャ揉み込むんだったら、サッサと塗ってしっかり空気に触れさせて酸化を促してた方がよっぽど綺麗に染まります。

ましてや、カラー塗布した後の髪の毛はカラー剤に含まれるアルカリ剤の影響でキューティクルが開いてるので、そんな状態でグチャグチャ揉み込まれたら、ダメージを促進させてるようなもの( ̄▽ ̄)

サッサと塗って、しっかり時間を置いてシャンプーするのが、お客様の負担にもならないし、何より無駄なダメージがないのです。

そのお客様にもちゃんと説明して、仕上がりにも満足して頂けました。

お客様は、美容師が言う事を正しいと思い込んで、他店に行くと前と違うやり方をされると不安に感じてしまいます。

しっかりと説明してわかってもらえると信頼関係も、築けますよね。

そんな美容師で在りたいと思います。

 

image

錦糸町 ACE 河村京典

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大阪、東京で美容師として活動し、2011年よりフリーランスとして、活動の幅を広げる。 2014年11月 株式会社 TWO FACE 設立 2015年3月 東京/錦糸町にACE オープン。 2016年 12月 千葉/本八幡にACE:Re オープン