ストレートアイロンの注意点


そろそろ関東地方も梅雨入り間近で、お店でも縮毛矯正をされるお客様が増えてきました。
でも中には縮毛矯正をせずに、自分でアイロンを使ってストレートにされる方もいらっしゃいますよね?
アイロンは比較的簡単に使えて誰でもストレートヘアに出来ますが、間違った使い方をすると想像以上のダメージにつながります。
今回は間違った使い方をしなように注意点をあげてみました。

・設定温度には気をつけましょう

最近のストレートアイロンは、性能が良くて温度も200度まで上がるアイロンもありますが、温度が高ければいいというものではありません。 

髪の毛の大半はタンパク質でできているので、高温の熱を与えるとタンパク変性といって、タンパク質が固まってしまいます。

タンパク変性を起こすと髪の毛質感が硬くなり、髪の毛の内部が固まってるため薬剤が正常に作用してくれなくなります。

アイロンの温度は160度がベストですが、高い温度でやりたいという方は、せめて180度までにして同じところで止めずに滑らすようにアイロンを使用して下さい。

・しっかりと乾かした状態でアイロンを使ってください

いまだに髪の毛が少し湿っている状態でアイロンを使用してるという話を聞くことがありますが、その行為は最悪です。

髪の毛が湿っている状態でアイロンを使用すると

「ジュッ!!!」

って言いますよね?その瞬間髪の毛の表面のキューティクルは


こんな感じに穴が開いいます。 

髪の毛の中の水分がアイロンの高熱を加えてことによって水蒸気爆発のような現象を起こしているのです。

これの何が最悪かというと、この穴の空いたキューティクルは元に戻りません。

せっかく高いヘアケア製品を使ったりお店でトリートメントしても、綺麗なカラーをしても、この穴から栄養分や染料が全て流れてしまいます。

なので

必ず!!!

しっかり乾かした状態でアイロンの使用して下さい。
簡単に誰でも使える分、デメリットもありますので使い方には十分注意して使ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です