タンパク質の取り過ぎは良くないのか?? 【錦糸町、本八幡、ACE、求人】


筋トレを始めて丸3週間経ち筋トレ以外にも食生活も改善して、なるべく脂っこい食事は控えてタンパク質を多く取り、夜はサラダを中心にした食事にもだいぶ慣れてきました^ – ^

 

今までだったらお昼にお弁当食べて小腹が空いたらカップラーメン食べて〜みたいな食生活してたので、そりゃぁお腹もポッコリしますよね〜

 

ところが今ではお腹が空いたら家から持参したゆで卵を食べたり誕生日にもらったプロテインバーでタンパク質を補給するという超健康志向な生活に変化をとげました( ´ ▽ ` )ノ

 

スタッフからはゆで卵を食べてると 「えっ?坂東さん(英二)??」

なんて言われてますが・・・

 

そんな健康志向になったのは良いんですが、数年前の健康診断で尿蛋白の数値が高くて再検査だったのをおもいだし(ー ー;).。o○(けっきょく面倒くさくて再検査受けてないんですが・・

やっぱり尿蛋白というくらいだからタンパク質の取りすぎは良くないのかなぁ〜と思って検索したら

 

内臓疲労

私たちが摂取したタンパク質は、体内で合成と分解を繰り返します。その過程において、食事から摂ったタンパク質のうち余った(過剰な)ものは分解されて窒素となります。

窒素を体外に排泄するためには、肝臓・腎臓の働きが必要です。体内の分解過程で必要なくなった窒素はアンモニアに変わります。アンモニアは私たちの体にとって有害な物質であるため、肝臓で無害な尿素に変換されたのちに腎臓で尿として排出されます。

このときにタンパク質を過剰に摂取してしまうと、その分多くの窒素を尿に変換しなければならなくなります。そのため肝臓や腎臓にかかる負担が普段よりも大きくなり、内臓疲労を引き起こしてしまう可能性があるのです。

POWER PRODUCTION MAGAZINEより

 

(= ̄ ρ ̄=) …。o○(フムフム

 

さ、さらに

尿路結石のリスク

尿路結石とタンパク質。
これらは一見なんの関係もなさそうですが、尿路結石の原因の一つに動物性タンパク質の摂りすぎがあります。

代表的なシュウ酸カルシウム結石を例に解説します。
主に肉などの動物性タンパク質は、摂取すると体のなかでシュウ酸や尿酸などの物質が体内に増加します。このうちのシュウ酸にはカルシウムと結合しやすい性質を持ち、腸の中でカルシウムと結びつくことで便として体の外へ排泄されます。
このとき、腸で吸収しきれないシュウ酸は尿として排泄されます。シュウ酸が尿に含まれるカルシウムと結合してしまうと、石のようなかたまりとなって排泄されにくくなり尿管を詰まる原因となるのです。

POWER PRODUCTION MAGAZINEより

 

(´∀`; ).。o○(なるほどね・・

 

ようするに、タンパク質も取り過ぎるとダメってことですね。

 

ちなみに筋肉を増強したい時に必要なタンパク質の理想的な量は体重1kgあたり1、6gだそうですよ。

僕は体重が60kgなので96gのタンパク質が必要ってことです。

これが多いのかどうかは僕にはわかりませんが、とりあえずプロテインの教科書に載っていたのでこの数値を目標に摂取しています。

まぁこれで次の健康診断で問題なかったら大丈夫ってことでしょう( ´ ▽ ` )ノ

 

ちなみに

尿蛋白の結果で疑える病気

結果 原因
陽性(+~2+)
擬陽性(±)
  • 体調による影響
  • 遺伝による影響
  • 高血圧
  • 肥満症
  • ネフローゼ症候群
  • 糖尿病(糖尿病性腎症)
  • 急性腎炎
  • 慢性腎炎
  • 腎盂腎炎
  • 腎臓結石
  • 腎硬化症
  • 腎不全
  • 腎臓がん
  • 尿管結石
  • 尿管がん
  • 膀胱炎
  • 膀胱結石
  • 膀胱がん
  • 前立腺炎
  • 前立腺がん
  • 尿道炎
  • 妊娠中
  • 妊娠中毒症
medicheより引用

 

こんな恐ろしい病気の疑いがあったとは・・・

みなさんも健康診断で引っかかったら再検査はキチンと受けましょうね( ̄^ ̄)ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です