一喜一憂し過ぎない


美容業界だと3月は繁忙期と言いますが、本日お店は閑古鳥が鳴いていました・・・

毎日が忙しくなれば、それはそれは嬉しいことですがまぁ一ヶ月のうちに数日はこんな日もあるでしょう・・・と思いたいですね(; ̄ェ ̄)

10年以上美容室で働いていてわかったこと

一ヶ月のうちに暇な日が数日あったとしても結果、月の売り上げってなんとなく予想できるんですよね。

錦糸町のお店のようにオープンして二年経つとスタッフの人数も売り上げも安定して暇な日があったとしても一ヶ月のトータルの売り上げは毎月安定的に出てるんですよね。

本八幡のお店のようにまだオープンして二ヶ月半だと新規のお客様も多いのですが、二ヶ月の平均でだいたい月260人前後のお客様が来店してくれてるのですが、それがいきなり新規の数が大幅に増えることはあまり考えられないかな。

そこから新規のリピート率を計算するとだいたいの人数と客単価で月の売り上げ予想はたちます。

なので暇な日があればその分忙しくなる日もあるってことですよ。

たとえその日が忙しかろうが暇だろうが一喜一憂しすぎない

忙しい日がずっと続けばどこかで暇なになってしまう日も出てくるだろうし、ずっと暇な日が続くこともないと思います。

あまり一日一日の結果に一喜一憂し過ぎず、気持ちにゆとりを持って仕事をしていきたいですね^ – ^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です