今日も急なドシャ降り・・・なんで夏はゲリラ豪雨が多いんだろ


ども

金髪です。

昨日に引き続きまた今日もゲリラ豪雨だよ( ̄▽ ̄)

晴れてると思ったらバッシャーっと降ってサッと止んじゃう。。。

なんじゃこれ!!

そもそもゲリラ豪雨ってなに??

なんでゲリラ豪雨が起きるの???

不思議に思いません??

今日はそんなお話し^ – ^

そもそもゲリラ豪雨ってなに?

ゲリラ豪雨は正式な気象用語ではなく、集中豪雨の一種です。

ゲリラ豪雨は突発的に起こる気象現象なので予測が難しいとされることから、軍の奇襲と多様するゲリラ部隊になぞられてそう呼ばれるようになったようです。

なんでゲリラ豪雨が起きるの???

っとその前にどのように雨が降るかのかも説明からしていきましょう☆

雨とは大気中の水分が水蒸気となり上空に上りそれが雲となり雨を降らしているのですが、近年の気温の上昇で海水温が上がり、空気中の水蒸気が増えたことが、ここ数年ゲリラ豪雨が多発している原因と言われています。

ゲリラ豪雨は巨大な積乱雲によって起こり10キロ四方のごく狭い範囲で発生し、1時間に100mmを超えるような雨が降りますが短時間で止むのが特徴です。

この時期は外にいる時も定期的に空を眺めて黒い雲が近づいてないか注意して、近づいてきてるようであれば建物の中に避難することをお勧めします^ – ^

すぐ止むしビチョビチョに濡れたくないもんね〜。

このまま温暖化が進めば今以上の豪雨が増えると想像出来るし毎年やってくる台風も年々強烈になってくるんだろうなぁ( ̄▽ ̄)

コロナのようなウイルスも怖いけど、自然災害も怖いよね

どうにか平穏に生きたいもんだ。。。

それではまた👋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です