右脳と左脳を利用したカウンセリング術


ども。

本八幡の金髪です。

お客さんを担当する際にまず始めに行なうカウンセリングですが

しっかりとお客さんの要望を踏まえ、こちらから提案する場合

自分のカウンセリングスタイルに合わせてどちら側から話しかけるかを変えるべきです。

どちらの耳に話し掛けるかで、左右どちらの脳に伝達されるかが変わる

脳は左脳、右脳に分かれてるのは知ってますよね??

左脳の特徴は言語認識、読み書き、論理性など。

右脳の特徴はビジュアル認識、ひらめき、創造性など。

右耳に話し掛けるとその言葉は左脳に伝わるので、言葉で相手に伝えたいときは右側から。

左耳に話し掛けると右脳に伝わるので、ヘアカタや画像などでイメージを共有しながらカウンセリングする場合は左側から話しかけた方が相手に伝わりやすいのです。

これを知ってるだけでリピート率が上がるかも🤗

信じるか信じないかは、、

あなた次第です✨

最近スタイリストになったカトルナさんにも試してもらいたいですねー🤔

それではまた👋

mahalo〜🌴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大阪、東京で美容師として活動し、2011年よりフリーランスとして、活動の幅を広げる。 2014年11月 株式会社 TWO FACE 設立 2015年3月 東京/錦糸町にACE オープン。 2016年 12月 千葉/本八幡にACE:Re オープン