[業務委託サロンのドタキャン&無断キャンセルとキャンセル料問題]


ブログやSNSで最近目にする

[無断キャンセルの問題や美容室もキャンセル料をとってはどうか]

という問題。

その波に乗っちゃいました^ – ^

業務委託サロンを経営してる立場で言えば、例えドタキャンだろうが無断キャンセルだろうがキャンセル料は取れないかなぁというのが僕の意見ですね。

多分普通のサロンよりもドタキャン率や無断キャンセルは多いと思いますよ。昨日、今日で3名いましたから。

完全歩合制の業務委託サロンのスタッフにとって、ドタキャンや無断キャンセルでポッカリと空き時間できたらメッチャ腹立たしいと思いますよ。

でもね、だからと言ってキャンセル料が発生しますと言ってしまった場合、かなり予約数は減ると思います。

単価が低く客数で勝負に出ないといけないので、予約数の減少の方が業務委託サロンにとっては致命的です。

なのでその対策としてスタッフ数よりも多めに予約枠を空けておかないと、ポッカリと空白の時間が出来てしまうんですよね(; ̄ェ ̄)

でもこの多めにっていう調整が難しいんですよね。

多く空けすぎちゃうと「待たされた!!」っていうクレームに繋がりますし、スタッフの方も急がなきゃ!!っていつもよりもクオリティの低い仕事になってしまうと、それもまたクレームに繋がりますよね。

まぁそもそもドタキャンや無断キャンセルをされるかもっていうことを前提に予約管理しないといけないこと自体、悲しいですけどね。

ホットペッパービューティーも無断キャンセル対策で無断キャンセル3回すると予約が取れないようにはなってますが、効果があるとは言い難いですね。

体調不良や事故などどうしようもない場合もあるしそういう場合は仕方ないですが、ドタキャンや無断キャンセルはお客様側のモラルの問題なので、なかなか解決策は見つからないですよね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です