田沢ルール撤廃!!最近はプロ野球界も良い方向に向かってる気がする


ども

金髪です。

昨日はプロ野球でびっくりするニュースが2つも舞い込んできた!!

1つは

【田沢ルールの撤廃】

田沢ルールとは

2008年、当時新日本石油に所属していた田沢純一選手が、NPBを経ず、メジャーリーグ・ボストンレッドソックスと契約したことなどをきっかけに、NPBは、NPBのドラフトを拒否し、海外球団と契約した選手が、当該球団退団後、一定期間、NPBに復帰することを認めないルールを一方的に導入しました。                                      NPBが導入したルールは、アマチュア選手が、NPBのドラフトを拒否し、海外球団と選手契約した場合において、当該球団退団後2年間(高卒選手の場合は3年間)の、NPB所属球団との契約を禁止するというものです。 *日本プロ野球選手会 公式ホームページより引用

このルールがあった為、昨シーズンでアメリカメジャーリーグのレッドソックスを退団した田沢選手が日本プロ野球と契約できず、今シーズンは独立リーグでのプレーを選びました。

しかし田沢ルールが撤廃されれば今秋に開かれるドラフト会議での指名が可能なので田沢選手も日本プロ野球に入団が可能になるのです。

田沢選手も来シーズンは35歳。

年齢的にちょっとキツい感じはしますが、経験豊富な分どこかのチームが指名する可能性は十分ありそうなので、まずは今シーズン独立リーグで圧倒的な成績を残してアピールしなきゃね^_^

そしてもう1つは

【ジャイアンツの澤村投手がトレードでロッテに入団!!】

これにも驚いた!!

今シーズンは制球難から1軍から3軍まで経験したけどドラ1の生え抜き選手。

まだまだ復活出来そうな気はしたけど環境を変えて活躍してほしいという理由もありトレードでロッテに。

これまでのプロ野球の流れでは、移籍後に活躍すると面子が潰れるという理由でなかなか移籍させないことも多かったけど、今年は澤村選手以外にも多数のトレードが実現してるのを見るとプロ野球も変わってきたなぁと、良い方向に向かっているような気がします。

そしてトレード発表の翌日の今日、早速移籍後初登板を飾りユニホームが間に合わないという珍事にも関わらず、三者連続三振という最高のスタート!!

実力は申し分ないのでロッテでもう一花咲かせて、千葉県を盛り上げてもらいたいな^ – ^

今年はコロナの影響で試合数も少ないし、観客も制限された中での開催だけどグランドだけじゃなく他の部分でもワクワクするプロ野球になったな☆

早くもシーズンも折り返してるし残りの試合も楽しみにしてます!!

それではまた👋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です