美容師はホント、ミーハーなんだから。。


ども。

本八幡の金髪です。

今日はカラー剤について考えてみました。

新しい薬剤が発売されると使ってみたーいって興味を持つことは非常に良いことだと思う。

まぁそういうことに興味が無くなった時点で美容師としてどうなの??とも思うしね。。。

それに最近だとお客さんもSNSなどを通じてカラー剤の名称で話してくることも多くなってきたので、取り扱ってない薬剤でも話題のものは特徴くらいは知っていた方が良いに決まってるからね。

ただお店として新しい薬剤を【話題だから】【良い色が出そうだから】って簡単に今のカラー剤から変えれるかというとそうはいかない。

話題だからってことは色んなお店も導入する可能性があり、いわばレッドオーシャンになりかねない💦

そこで他店との差別化をどう図って自店に呼び込むのかを真剣に考えていかないと、ただ話題のカラー剤を入れたからといってお客さんが来てくれるほど甘くないと思うんだよね。

美容師側の自己満で使うなら良いけど・・・

それに良い色が出そうっていっても、今の市場に出回ってるカラー剤で明らかに低スペックな薬剤でなければじゅうぶんキレイな色は出るはず。

ネットなどで最新の薬剤の記事やスタイル写真見て

「これ使ったら、こんなにキレイな色になるんだぁ〜」

「この色味があるって良いよね〜」

って美容師じゃなく素人目線だと思いません??

過去にもそんな思いから新しい薬剤に変えてはたして自分の思い描いた仕上がりになったかどうか。。。

薬剤も大事なの部分だけど、結局は使う側がどれだけ良い薬剤をコントロールできる技術持ってるかじゃないかな?

以前受けた隣店講習でも、写真で見るとメッチャキレイな色を表現していて普段使用している薬剤聞いたら僕が過去に使った薬剤の中で一番ダメだと思ってた薬剤だったのね。。

そんなカラー剤でもこんなキレイな色が出せたんだぁと思った時に、やっぱ薬剤の良し悪しじゃなく現状の髪の毛のベースに対してどうアプローチをしてドンピシャな配合を考えるかだなと。。

それには技術、知識、経験が大事になってくるんだけどね。

新しい薬剤も確かに良いものだけど、まずは今ある薬剤のスペックを最大限引き出す努力をするのが先決なんじゃなかな?

そんなことを考えた1日でした。。。

明日は重大なお知らせがありますので。。。。

それではまた👋

mahalo〜🌴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です