間に合った


ども。

本八幡の金髪です。

急遽、連休を取って実家に戻る新幹線の中で気持ちを落ち着かせつつ、ある程度覚悟はしていたものの

やはり親が辛そうな姿を見るのは辛い。

ほぼ喋る事も出来ない中、声にならない声で

「帰りたい」

と言われたときはさすがに泣きそうだったな。

そして今だに言えない

「ありがとう」

の一言。

あと2日こっちにいるからまだ言わないけど

これを言ってしまうとホントに最期になるんじゃないかと思い、躊躇ってしまう。

でも意識のあるうちに言わなきゃな。

後悔しないように今日は一晩病室で見守ります。

それではまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大阪、東京で美容師として活動し、2011年よりフリーランスとして、活動の幅を広げる。 2014年11月 株式会社 TWO FACE 設立 2015年3月 東京/錦糸町にACE オープン。 2016年 12月 千葉/本八幡にACE:Re オープン