髪の毛は熱に弱い


どーも。さっそく昨日書いた記事に

たんぱく変性

って言葉が出てきたけど、それについて今日は書いていきますね♪(´ε` )


なぜ熱を加えると髪の毛は硬くなるの?


 実は髪の毛は主にタンパク質でできています。

タンパク質っていうのはひじょ〜に熱に弱いんです(>人<;)

思い浮かべてください・・・生卵を。

卵は水分の他は大部分がタンパク質でできています。特に白身は。

その卵に熱を加えていくと・・・

image

固まっちゃいますよね??

そう、このタンパク質が固体に形を変えることを、たんぱく変性といいます。

卵も髪の毛も共通して言えることは、1度固まったものは

どんなに頑張っても元には戻らない!!

ということです。


そして、たんぱく変性というのは縮毛矯正やデジタルパーマだけで起こるものではなくて

実は


普段のスタイリングの中で引き起こしてる可能性も!!


熱を与えるスタイリング方法として思い浮かべると、すぐに思いつくと思いますが・・・

そう‼︎

ヘアアイロンやコテです。

お客様の話でも、早くまっすぐなるから、とか早くカールがつくからと、高い温度でされる方が多いです。

180度でされる方もいれば、中には200度でされてる強者もΣ(゚д゚lll)


タンパク変性は100度前後で起こる


180度のアイロンでも実際の髪の毛の表面温度は滑らす感じですれば120度くらいまでしか上がりません。

しかし120度でもタンパク変性は起こってしまいます。特に自分でアイロンする場合、美容師さんがするみたいにスムーズには出来ないですよね?

なのでせめて、高くても160度 でお願いしたいです>_<

image


僕たちも縮毛矯正などするときは、なるべく髪の毛が硬くならないように細心の注意を払っています。

女性らしい柔らかな質感を失わないように、皆さんも日ごろからアイロンの使い方には注意して下さい(⌒▽⌒)

錦糸町 ACE 河村京典

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

大阪、東京で美容師として活動し、2011年よりフリーランスとして、活動の幅を広げる。 2014年11月 株式会社 TWO FACE 設立 2015年3月 東京/錦糸町にACE オープン。 2016年 12月 千葉/本八幡にACE:Re オープン