新型コロナウイルス関連の給付金は課税?非課税?


ども

金髪です。

新型コロナウイルスで色々な給付金が出てますが、これって課税?非課税?って、もらった後から疑問に思うスタッフがいたので一応ブログに書いとこうかな。

たぶんウチのスタッフは誰も見てないと思うけど・・・

基本的にコロナにより交付された給付金

・持続化給付金

・中小企業再建支援金

・休業協力金

・雇用調整助成金

は課税対象になるようです。

受け取った給付金は売上げとして収入に含まれそこから経費などを差し引いて税金が算出されるので、もしかしたら6月以降売上が徐々に持ち直してきたフリーランス、業務委託の美容師さんは来年度の税金が予想以上に高くなる恐れがあるので注意が必要です。

ただし国民全員に10万円給付された「特別定額給付金」や対象児童1人あたり1万円給付された「子育て世帯への臨時特別給付金」は非課税です。

あくまで給付金はコナロの影響で落ち込んだ売上げを給付金という形で国が補填してくれているので、最終的に利益が出てるのであればその分の税金は支払うというのは至高まっとうなことですよね^ ^

上記の給付金以外にも新型コロナ関連の給付金はあると思いますが基本的に課税対象と考えておいた方がいいでしょうね。

さてさて何人のスタッフがブログを読むかなぁ〜( ̄▽ ̄)

それではまた👋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です