カラーの色持ちについてのQ&A


色がすぐ抜けるとか暗くしたのにすぐに明るくなってしまう

こういう話はよく耳にします

なぜなの?

原因は大きく二つあります

  • 美容師さんの技術不足
  • お客様自身の髪の毛の状態

まずは美容師さんの技術不足

語弊があるかもしれませんが放置時間の不足が原因かもしれません

カラー剤は髪の毛に塗布して細かい染料が髪の毛の内部に浸透して時間をかけて染料の粒子が大きくなって髪の毛の隙間から抜けなくなり髪の内部に定着していきます

時間を置けばいいという問題ではありませんがあまりにも早いと色が抜けやすくなってしまいます

次にお客様自身の髪の毛の状態です

髪の毛がダメージをしてくると髪の表面のキューティクルがめくれてきたり、髪の毛内部のタンパク質などが流出してしまい内部が空洞化してしまいます

その状態の髪の毛にカラーしていくら時間をしっかりおいても、カラー剤の染料が定着することが出来ずに早い段階で色が抜けてしまいます

なるべく前処理剤などで内部に栄養を補給させて定着する部分を擬似的作りますがやはり持ちは悪いです

過度のダメージの進行は様々な施術に悪影響を及ぼしますのでカラーやパーマを楽しみつつ、しっかりとしたヘアケアをしていく事をオススメします♪( ´θ`)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です