湿気で髪の毛が広がるときの対処法


先日の



          湿気で髪の毛が広がる原因

の本日は対処法です。
自分で自宅で出来る対処法はヘアケアです。
・シャンプー後のトリートメントはしっかりと行う


カラーやパーマなどで髪の毛がダメージしてくると髪の毛の表面のキューティクルに穴(ダメージホール)が開いてしまいます。

そのダメージホールから外気の水分(湿気)が吸収されて髪の毛が広がってしまうので、まずはトリートメントでしっかりとケアをして、このダメージホールの穴を埋めていきましょう。
・ドライヤー前は必ずアウトバストリートメント(流さないトリートメント)をつけて乾かす

何もつけずにドライヤーをすると髪の毛が乾燥しやすくなるので、しっかりと油分を補いながらドライヤーで乾かして下さい。


・ドライヤーは上から下に向けてあてる


髪の毛の表面にあるキューティクルは上から下にドライヤーをあてることで綺麗に閉じてくれるので、ある程度乾いたら最後は上から下にドライヤーをあてて乾かして下さい。

出来れば最後は冷風で冷ましてあげるとツヤも出やすくなります。

キューティクルを閉じることで湿気を含みにくくなります。
・スタイリング剤は必ずつける


何もつけずに出かけると、髪の毛は湿気をどんどん含んでいき目的地に着く頃にはボサボサな髪の毛になってしまいます。

出掛ける前は必ずスタイリング剤をつけて髪の毛に油分を含ませて、湿気を吸い込まない状態にしておく事が重要です。

ワックスでもいいですし、ベタつくのが苦手という方はアウトバストリートメントでも大丈夫です。
髪の毛を巻く方でワックスだと重みでカールがダレやすいという方はスプレーでも大丈夫です。スプレーは髪の毛の表面に膜を張ってくれるので湿気を吸収しにくくしてくれます。
これから雨の日が多くなってくると思いますので、ぜひ実践してみて下さい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です